文化


過去の輝きを取り戻すモスク 日本企業の技術が採用されたメンテナンス工事

 9月、マレーシアの首都クアラルンプールにあるイスラム教礼拝所(モスク)がメンテナンス工事を終え、かつてのコバルトブルーの輝きを取り戻した。

 メンテナス工事を担当したのは、東京都港区に本社を置く「エコ・24」(波間俊一代表取締役)。モスクなどを所管するJAWI(クアラルンプール・約608カ所のモスクなどを管理する連邦直轄領イスラム事務局)がエコ・24の持つメンテナンス技術を評価し同社にメンテナンス工事を発注したのであった。

 JAWIが注目したのは「ラスティングコート(コーティング剤)」。アルコール類を含まない無機系の剤を使用するメンテナンス技術がイスラム法に合致することなどを大きく評価し、エコ・24の現地パートナー企業・アイハラサービスにメンテナンス工事を依頼した。 JAWIから発注されたメンテナンス工事は、クアラルンプール中心部に位置する1998年に建造されたウィラヤモスク(延べ床面積約6000㎡)のドーム部分140㎡のメンテナンスで、以前からFRP製のドームに張られたモザイクタイルの退色もかなり進み、はく離したタイルが落ちて、礼拝に訪れる人への被害も懸念されていた。

 工事は洗浄からコーティング剤の塗布まで、約1カ月をかけて行われた。ラスティングコートのコーティング膜(30ナノメートル)の微粒子は、細かい傷やポーラス(多孔質)に入り込み、素材を保護することにより、輝くモザイクタイルの色を蘇らせるとともに、色素はく離も防止できる。(施工部分は10年間保証)

 以前から、エコ・24は、2015年からマレーシアで有機材を使っていないノンアルコールのラスティングコートが、イスラム圏で活用できるのではないかとの展望を持ち、事業展開を図ってきた。ハラールへの抵触などの審査を受けた上で、JAWIから依頼を受けて、国立パハン大学の監修の下、コーティング剤の試験施工を行ってきた。 その結果、コーティング後は耐久性向上、劣化したモザイクの色つやなども復元できることを立証し、今回の受注に至った。 また、日本国内で唯一のアスベスト無害化処理工法(CAS工法)を保有する企業としての実績が評価され、16年には国際協力開発機構(JICA)が実施するODA事業、中小企業海外展開支援事業「アスベストによる健康被害防止のための無害化剤・無害化工法の導入に向けた案件化調査」をマレーシアで展開してきた。

 17年には国立パハン大学と、エコ・24製品の応用分野を開発することで、合意。さらに、ODA事業の一環として、マレーシアのイスラム教施設内におけるアスベスト調査を実施するなど、同国で着実に地歩を固めてきた。同大学とは共同研究開発提携を行うとともに、今回のメンテナンス工事においては技術監修を受けている。

 今後について国立パハン大学は、エコ・24コーティング材料はドローンによる無人化施工も技術的に可能と考えており、モスク用のドローン開発も進めて行くとしている。 また、現地パートナー企業・アイハラサービスとは、エコ・24製品の認定と今回の施工実績をステップとして、更なるイスラム教関連施設と公的施設(病院、文化財等)への営業規模を広げいき、周辺のイスラム教国家へもアプローチしていくとしている。

 今後の展望について、エコ・24は、日本の設計会社や建設企業が、イスラム圏でモスクを建設する動きも活発化していることを視野に、積極的に業務提携していく姿勢を示している。波間社長は、「当面、マレーシアで、ビジネスのポテンシャルを高め、地歩を固めていく。その上で、中近東、アジア諸国のイスラム教国で、お役に立てることがあれば、製品、技術を提供していきたい」と展望を語った。

 

投稿者:編集局

投稿日:2019.11.7


失われた領土のため指詰めをする日本人

<ロシア「コムソモリスカヤ・プラウダ」より転載>

 弊紙の特派員ダリヤ・アスラモヴァは取材のために日本に行った。日本人は果たしてそこまで切実にクリル諸島の返還を願っているのだろうか。

 

 東京。細長くて薄暗い部屋。木製パネルの内装。非の打ち所がないスーツを完璧に着こなしている10人の男性。高級なネクタイと竜頭のカフリンクス。『ゴッドファーザー』を思い浮かべるような、粛々としたこの雰囲気で唯一の女性である私は微妙に気まずい。これは長年にわたっていわゆる「北方領土」(日本におけるクリル諸島の名称)の返還を訴え続けている右翼団体の集いだ。

 

 裕福で政治に無関心な日本社会に敵の存在を忘れさせないのは他ならぬ彼らである。その敵は危険な闇の国、ロシアだ。小さい頃から全ての日本人の頭に叩き込まれている「火事場泥棒」という言葉はもはや我が国の代名詞になっている。彼らによると、邪悪なロシアは不可侵条約を破り、第二次世界大戦が終わろうとしているところに弱り切った日本を襲い、その火事場泥棒のようにクリル諸島を奪い取ったのだ。   

 私は民族主義者の集まりに同席したことはただの偶然ではない。日本に数多く存在する秘密結社のリーダーである私の昔からの付き合いが紹介してくれたのだ。このような秘密結社は日本の文化の一部ではあるが、メンバーの推薦がなければよそ者はとても入れない。

 

「カワハラさんの手を見てください」と言われて私は敬意を払いながら小指を欠いた手を見る。その持ち主は私の反対側に座っている男性だ。彼の目は激しく泳いでいる。「それはどうされましたか」と同情を込めて聞くと「自らがナイフで切って韓国大統領に送りつけた。韓国が戦後に日本の領土である竹島を占領したことに対する抗議なのだ」という答えが来た。ただ、この人口のないちっぽけな島(そしてその隣にあるもう一つの小さな島)はそもそも日本が1905年に朝鮮から奪い取ったもので、韓国は戦後にそれを取り戻したことで自分の正当な権利を行使した事実に彼は都合よく言及していない。そうすると同席している全員は一斉に文句を言い始めた。警察のせいでロシア大使館にこのような小包を送るどころか、大使館の前で抗議デモでさえできないだって。警察のみなさん、ありがとうございます。カワハラさんがもう一本の指を切って大使館に送りつけることを想像するだけで吐き気する。

 私は笑い始めた。「無礼千万ですが、皆さんはクリル諸島の返還が叶わなかったら次に体のどの部位を切断するのですか」不気味な沈黙。そして爆笑。ホッとした。「バカガイジン」だからこんなことを言ってもタダで済む。

 

 実は私が一番恐れていたのはアガタさんだった。彼はもともとヤクザの親分だ。右翼団体とヤクザはある程度の通じ合いがある。非の打ち所がない髪型で羊皮紙のような肌色のアガタさんはとても落ち着いていて凛々しい70代の紳士だ。「三年前にヤクザをやめた。もう引き際だ。歳だし、若い連中に道を開けるのが筋だ」。彼は私たちの口論を注意深く聞いている。

 「旅順港のことはまだ許していない!」と私は叫ぶ。「ロシア帝国に対する侵略戦争のことも!日本はそもそも侵略者だ!侵略者から領土を取り上げる権利は国連憲章に書いてある。第二次世界大戦の結果の見直しは論外だ!」それに対して日本側は「日ロ不可侵条約を破ったのはあなたたちの方だ!絶対許せない!」と叫ぶ。「クリル諸島を放棄すると明言したのは外でもないあなたたちだ!」と私は叫ぶ。日本がクリル諸島を手放すことを約束したサンフランシスコ講和条約のことだ。「しかし誰に手渡すかは明記していない!」と日本側の一人が指摘する。

 「誰でもいいよ。ホンジュラスでも。一旦放棄したらそれを取り戻せないのは当たり前だ!」突然、私たちの口喧嘩にヤクザの元親分のアガタさんは低い声で介入する。「あなたたちが最初から語るべきことを語っていない。歴史は過去のことだ。私たちはみんな平和を望むものだ。10万人が命を落としたアメリカによる恐ろしい東京空爆のあの夜に私はまだ6歳だった。爆弾があちらこちらで炸裂する風景がまだ幼かった私には、とても煌びやか見えた。私はあの夜のことを一生忘れない。親が泣いている理由はあの時の私には理解できなかった。親は『あの飛行機は死を蒔くものだ』と説明してくれた。私はあの時の親の言葉を今でも覚えていてる。私は、ロシアとの平和を望んでいる。私はもう年齢だが、子供たちの世代のためにどうやって、どういう代償を払って平和が実現させられるかわからないけど、何としても平和な世界を実現させなければならない。この先に何が待っているか誰にでもわからないから」

 

投稿者:「コムソモリスカヤ・プラウダ」より転載

投稿日:2019.1.29